デリケートゾーン・股の黒ずみケア|デリケートゾーンが黒い原因と解消方法

デリケートゾーンが黒いって女性にとってはとっても大きな悩みなんですよね。

 

それが悩みで彼氏を作れない人だっていますからね。
彼氏はできてもお泊りはできないとか><
夏は水着を着れないとか旅行に行けないとかいろいろ悩があるんですよね。

 

じゃあ友達に相談しよう・・・ってなかなかならないですよね><

 

そんな「私デリケートゾーンが黒い」なんてなかなか言えませんからね。
言える友達がいても治し方知っている人なんてなかなかいないでしょうしね。

 

じゃあ調べようってなってこのサイトを見ている方も多いと思います。
他のサイトでもいろいろな方法が紹介されていたりするけど、いろいろな治し方あるしそれをやっても全然効果がなかったとか余計に悪化したとかいろいろありますよね。
当然、肌質も肌の状態も違いますから効果も違いますし、個人差もありますからね。

 

じゃあどうやって選ぶのかってなりますよね。
私はメラニンの生成を抑える成分と低刺激であること、保湿と美白も重視していますね。
特に股はデリケートな部分なので刺激を与えるのは禁物ですからね。
デリケートゾーンの黒ずみは股ずれや何らかの刺激によってメラニンの生成が活発になって起こりますからそれを抑えることが大事になってきますからね。

 

やっぱりメラニンの生成を抑える成分として有名なのがグリチルリチン酸やトラネキサム酸ですね。
あとハイドロキノンやトレチノインもありますが、確かに効果は期待できるのですが、刺激が強かったり使い方を間違える肌に良くなかったりするので慎重に使用しないといけませんからまずは使用しないで考えるのが良いのかなと思っています。

 

って私もこれまでいろいろな黒ずみケア商品を使ったりしたのですが、ほぼどの商品にもグリチルリチン酸は使用されていますし、その他に似た成分の配合されています。
ただ、やはり使ってみると使用感も効果も違ったりするんですよね。
これって一人一人肌の質や状態が違うので一概には言えないけど共通点はあると思うので参考に紹介したいと思います。

 

私だけでなくて口コミ等も参考に総合的に書いてきたいと思いますのでそこで参考にしてもらえればいいのかなと思いますね。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

デリケートゾーンの黒ずみというとハーバルラビットナチュラルゲルクリームという商品がよく出てきますが、とても人気になっているというか知名度がすごくあるというのがまず一番ですね。
いろいろなモデルさんが使っていたり紹介してたりするということが大きいようです。
まあモデルさんの場合水着を着たりすることも多いのでデリケートゾーンのケアも大事でしょうからね。

口コミがいい

口コミもいいですね。
気にならなくなったや薄くなったなど効果を感じている人など満足している人が多いようです。
もちろん、わからないという人もいますけどね。
当然個人差はありますね。

成分も見て見る

成分を見ていきますこういった感じです。

 

有効成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス
その他の成分
3-O-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糖抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペタンジオール、フェノキシエタノール、香料、精製水

 

有効成分としてグリチルリチン酸2Kが使用されていますね。
それにメラニン色素沈着の抑制作用がある水溶性プラセンタエキスも使用されています。

 

他にもポイントのビタミンC誘導体にプラセンタなどがポイントでしょうか。
保湿ではトリプルヒアルロン酸、セラミド、トレハロース、コラーゲンと保湿力のある成分が使用されています。

 

デリケートゾーンだけあって肌に優しいポイントで言えば石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、添加物を配合していないので赤ちゃんにも使えるほど肌に優しいということです。
まあ他と比べても同じような感じでしょうか。

 

あとデリケートゾーン(デリケートゾーン)以外にも脇や乳首などその他の部位にも使えるので良いですね。

価格はどうなの

通常価格
7,000円(税抜)

 

定期コース
クレジット払いの場合
初回4,250円(税抜)送料無料2回目以降4,750円
2回継続が条件

 

容量
35g(約1ヵ月分)

 

やはりモデルさんなどが使用しているというところで人気になっていますね。
成分などを見てもポイントとなるものがしっかり配合されていますし良いと思います。
60日返金保証もあるので利用しやすいのではないでしょうか。

 

実際に使ってみるととても良い香りがします。
そして、クリームも柔らかくて広がりが良いですね。
私の肌にもあっている感じです。

 

公式サイトでチェックハーバルラビットゲルクリーム

デリケートゾーンの黒ずみの原因と対処方法

皮膚が薄くデリケートな部分であるデリケートゾーンは摩擦などの刺激で黒ずみやすい部分です。悩む女性は多いですが、陰部は角質が薄く下着やナプキンなどの刺激によって黒ずみやすいことを覚えておくことをおすすめします。
具体的な原因としては、顔や脇などに発生してしまうメラニンによって黒ずんでしまいます。加齢やホルモンバランスの変化、外部からの刺激によって肌を守るためにメラニンは生成されます。メラニンが色素沈着することによって黒ずみが目立つようになるのです。
このような黒ずみを改善したいという場合には、美容皮膚科などの病院に行ってケアすることがおすすめです。メラニンの生成を抑える効果のあるハイドロキノンやレチノイン酸を配合したクリームを処方してもらうことができるため、これらを塗ることで美白ケアすることができます。また、ケミカルピーリングによって古い角質を除去することなどもおすすめです。
自分でできる対処方法としては、下着による刺激を少なくするために化学繊維を使ったものなどを止めて通気性の良い下着にしたり、体に密着するジーンズなどの着用を控えて刺激を避けるようにします。ほかにもナプキンなどのかぶれや炎症を起こさないためにも陰部の清潔を心がけることも大切です。

デリケートゾーンの黒ずみをとる方法として選択肢が二つある

水着になるとき初めて気がつく事があるデリケートゾーンの黒ずみは、どのようにしてとることができるのでしょうか。普段であれば化粧品でコンシーラー等でごまかすことができますが、海で水着になるときには、なかなかごまかすことができません。そこで、登場するのがハイドロキノンです。これは、ドラッグストアでも販売されており、肌の漂白剤とも言われるほど強力で、濃いものを使用するとガンなどの発症リスクがあるので、基本的には4%以内の含有率のものしか使用されていません。ハイドロキノンを黒くなったところに塗ると、その部分の皮膚がめくれるようになってきます。個人差がありますが、ヒリヒリを伴う場合や、全く効果がない事もあるので、自己責任で判断するしかないです。デリケートゾーンの黒ずみをとる方法として、失敗をしたくないという人は皮膚科を受診することをお勧めします。同じような薬を出されることもありますが、黒ずみに効果がない可能性はありますが皮膚がただれるような失敗をすることはありません。その他、レーザー治療で皮膚を再生することも考えられますが、こちらは時間的にも費用的にもかかるので、やらない方がいいでしょう。黒ずみが気になるのは気のせいとかもしれないため、身近な人に見てもらうのがいいかもしれません。

 

股の黒ずみが気になるという方は黒ずみケア向けの化粧品を使ってみるのも良いのではないでしょうか。
こちらの股の黒ずみケアを参考にしてみてください。